初等教育

生涯学習は、子どもの本来の好奇心や周りの世界についての疑問から始まります。本物の学習体験は、自身を持ってチャンスを見出したり、発見していくことで、子どもたちが自ら学習を構築することを可能するものです。子どもたちが日常的に挑戦するという体験を積むことで、問題を解決し、思考や気持ちを効果的に伝える力を育み、他人と協力して成長する方法も学びます。A-JISの初等教育では、子ども達の将来のために健全な教育基盤を確立し、子ども達が挑戦的に成長できる教育環境を提供しています。

A-JISは、3~12歳へのカリキュラムとして、国際バカロレアの初等年プログラム(PYP)を採用しています。IBのPYPカリキュラムを用いて、すべての子どもたちに対し、国際標準の教育を提供できていることを誇りに思っています。

PYP学習は、積極的に好奇心を育むように設計されています。本質的な知識とスキルの習得、概念理解の発展、積極的な態度の実証、そして責任ある行動をとることのバランスがとれる学習内容です。

A-JISにおける学習者の育成では、以下のような人材を目指しています。

  • グローバルリーダー
  • 起業家
  • イノベーター
  • 効果的なコミュニケーター
  • 賢明な考えを持つリスクテイカー

K2クラス

1歳半から3歳までの子どものためのプログラムです。教室で他の子どもたちと仲良くやっていくためにふさわしい社会能力を子どもにつけさせます。全教科を通して園児たちは主体性や自発性を身につけ、コミュニティに貢献できるようになります。幼児クラスの子供は遊びや工作、音楽、体験学習を通して学んでいきます。

K3 & K4

K3とK4クラスでは、世界的に重要な4つの学際的なテーマを通して概念的な理解を模索しています。私たちは現在、一年間を通して行うテーマ探究学習を実施しており、子ども達の関心と遊びに焦点をあて、学習を進めています。

K5 – Grade 5

K5クラスでは、地球規模で共通した意義のある6つの課題について「探究の単元(UOI:unit of inquiry)」を通じて探究し、学びます。学習のテーマは、子ども達自身で、魅力的、有意義かつ挑戦的なものを検討し、探究していきます。

自主自律(Who we are)

見当識、個人的な歴史、家・故郷と旅、人類の発見・探検・移住、地域及び地球規模から見た個人と文明の関係や相互関連の探究

因縁(Where we are in place and time)

見当識、個人的な歴史、家・故郷と旅、人類の発見・探検・移住、地域及び地球規模から見た個人と文明の関係や相互関連の探究

意思表現(How we express ourselves)

考え・感情・性質・文化・信念・価値観を知って表現する方法、過去を振り返り創造力を伸ばし楽しむ方法、美を愛でることの探究

万象究理(How the world works)

自然界とその法則、自然界(物理的・生物的)と人間社会の相互作用、人間がどのように科学的法則を利用するか、科学技術の発展が社会や環境に与える影響の探究

社会寄与(How we organize ourselves)

人間が作った仕組みとコミュニティとの関わり、組織の構造や役割、社会的な意思決定、経済活動とそれが人類や環境に及ぼす影響についての探究

共存共生(Sharing the planet)

限りある資源を他の人々や生き物と共有するための権利や責任、コミュニティ内及びコミュニティ間の関係、機会均等、平和と紛争解決の探究

A-JIS 探究プログラム

Early Years (K3 – K5) 
Primary Years (Grade 1 – 5) 

Links: PYP @A-JIS in Action

We are accepting applications for 2018–2019